セルフコントロール

出張に出ると、駅とか空港とかをよく利用します。

そういう場所ってやっぱり人が多くて、いろんな人がいます。

中でも目を引くというか、悪目立ちしてるのが"怒ってる人"。

 

単純にヒートアップしてどんどん声が大きくなるだけじゃなくて、何故かああいう負の感情は目立ちやすいんですよね。

 

 

例えば先日、満員の駅のホームで「急いでんだよ!道開けろ!」と叫んでるおっちゃんがいました。

怒ったからって上手くいくとは限らないけど、意外と怒ったら相手が折れてくれて上手くいくことがあるから、また怒るのを助長させてしまうこともあったり。

ただ、この場合は相手の人は呆れて、こいつと関わりたくないと思ってるんですよね。

 

で、セルフコントロールの話。

なんとなく分かるかと思いますが、思考を上手いこと良い方向へ、良い方向へと持っていくことを言います。

例えば先ほどの駅のおっちゃんは、何本か早い電車に乗っておけばそもそも急ぐ必要なんかなかったし、小さい子や妊婦さんをを押しのけてまで間に合わなければならないことが、本当にこの世にあるのかをもう少し考えるべきでしたね。

 

怒るときは、基本的には忙しいときなど、いっぱいいっぱいになっているときが多いと思います。

そんなときこそ、せめて自分の方でなんとかできる対策は行って、万全の態勢で臨まないといけません。

人は変えられないけど自分は変えられるって、みやぞんも言ってました。

 

そして、一呼吸置く。というか、一思考する。

小学生並みの思考で十分です。

「怒った人と優しい人、どっちがいいかなー?」

「「やさしーひとー!」」

 

で、改めてどう切り抜けるか、その前に予防線はどれだけ張れるか。などを考えます。

 

考えるのが面倒なら書き出してもいいかもしれません。

 

忙しくて忙しくて仕方がなくても、書き出すと「あれ?タスクこれだけ?」ってなったりすることもあります。

がんばればできるやつだ。とも。

 

 

師走で忙しくなる前に、自分への警告も含めて今回はセルフコントロールについてでした!

2021年11月30日