運動のすゝめ

実は私、定期的にランニングや球技など、運動をやっています。

一般的には激しい運動に入る部類ですかね。

散歩などよりも負荷の高い運動です。

 

散歩やゴルフなんかは軽い運動でしょうかね?

 

で、それに対して、運動をした後に息が切れるような激しい運動。

これがとても健康に良い。特に精神衛生上とても良いと自分でも実感できるほどです。

 

 

先日も兄弟や友人、そのまた友人なども誘って体育館でバレーボールをやりました。

バレーボール自体がとても楽しく、運動後も清々しい気持ちになれます。

ただ、楽しい時間が終わった後にやってくるのが「筋肉痛」。

 

 

特にジャンプ系の競技は全身運動なので脚から肩から腕周りまでいろんなところが筋肉痛です。。

と、悪いように書きましたが、運動することがなかなかなくなる社会人なので、たまに筋肉痛になると「運動したなあ」とか「腹筋が筋肉痛ってことは引き締まってる?!」とか思って意外と悪い気もしないです。

 

 

という経験を定期的にしているおかげか、予防接種(コロナワクチン)の筋肉痛もいつものやつって感じで騒ぎ立てることもなく無事乗り切りました。

 

 

気づいたらあっという間に広がったワクチンと、あっという間に収束した感染者数。

去年と同じなら、クリスマスから年明けにかけて、またじわじわと増えてくるのでしょうけど、ワクチンが広まってるし大丈夫ですかね?

 

 

コロナだけでなくインフルエンザも普通の風邪も、どうやら免疫力が鍵を握っているようなので、冬こそ運動を!

2021年11月24日