掃除の完成形

忙しくなってくると、身の回りが汚くなると言われています。

逆に、身の回りを綺麗にしているうちは、忙しくてもなんとか平常心を保っていられるとも。

 

忙しいと、掃除をする暇が無くて汚くなるというのもありますが、そもそも片づける時間もなくてどんどん散らかっていくんでしょうね。

 

 

で、綺麗を保つには…?

 

ここで以前も紹介したハイキュー!の話をさせていただきます。

掃除の話とも直接関係ないのですが、「守備の完成形」という話があります。

 

強度の高いブロックを続けて、開いてる道に打ってきたスパイクをレシーブで拾い続けると…

いずれスパイカーはブロック、レシーブの気迫に圧倒されてミスを連発しだす。いわば自動的に点が入るようになる、というもの。

 

閑話休題。

では、掃除の完成形は?

自動的に綺麗になるのが一番ですね。

 

掃除は特に協力が大切だと思います。

共用スペースは使ったら必ず綺麗にする。

未来の疲れた自分のために、綺麗にしておいてあげる。など。

 

 

ただし、勘違いしないでほしいんですが、ここで言いたいのは「良いルールを作ろう!」ではないということ。

 

あくまで自動的に綺麗になるんです。

自主的に掃除をさせるんです。

 

 

そのためには、地道ですが毎日自分自身が掃除をすることが結局一番きれいになる方法です。

綺麗な絨毯敷きの高級ホテルにペットボトルを投げ捨てる人はいませんよね。

 

 

工場でも事務所でも駐車場でも道端でも、道行く人が気を使ってしまうほど綺麗にしてしまうのが、一番綺麗になります。

 

綺麗にせずにはいられないほどの綺麗さを保つのは本当に大変ですが、一度たどり着けばそこから保つのは楽勝です!

綺麗好きの人は挑戦してみてください!!

2021年10月21日