童謡

童謡っておとなになって冷静に聞くと意外な発見が多いんですよね。

(そもそも童謡は冷静になって聞くものでもないかもしれませんが。)

 

例えば、今の季節にピッタリ!「小さい秋見つけた」

これって、小さい秋を見つけてるってことは、まだまだ秋になってないってことですよね?

ってことは、あんなノスタルジーなメロディですけど夏歌ってことですか。

 

「北風小僧の寒太郎」あれは秋から冬にかけて、割と冬寄りの歌みたいですが、調べてみたら これって漢字あったんだ!!と驚きを隠せなかったです。

 

あと、全体的にキャッチーな韻を踏んだ曲が多いですよね。

ロックアレンジとかしちゃう芸人さんが昔いましたが、割と普通にかっこよくなるのが童謡のすごいところです。

 

ワクチン接種の副反応でお休みした日、やることもやれることもあまりなくて、ボーっとテレビを見ていたら数百年ぶりにおかあさんといっしょに遭遇したので、久しぶりに懐かしくなって話題にしてみました。

お兄さんとお姉さんの笑顔が眩しかったです。

 

2021年09月22日