離職

離職率のお話。

 

よく言われるのが、7・5・3

ちっちゃい子が可愛い御着物着て写真撮るやつ…じゃなくて、

大卒の3年以内の離職率、3割

高卒の3年以内の離職率、5割

中卒の3年以内の離職率、7割

と言われています。

 

 

辞める理由は様々だとは思います。

・思ってたのと違った。

・家業を継ぐ。

・やりたい職種が元からあった。

・人間関係。

・ブラック企業からの離脱。

 

 

仕方がないものもありますが、企業努力で止められるものもあります。

例えば「やりがいを感じられなかった」というもの。

なんか、「やりがい」という言葉、わかったようなわからないような絶妙に難しい言葉ですし使いやすいですよね。

怪我の時の「違和感」と一緒です。

ですから、離職理由にもたくさん使われてきた言葉みたいです。

 

で、そのやりがい。製造業のやりがいを感じない理由を挙げてみました。

1. まずは業務が簡単すぎると感じられません。

その人に合った教育プログラムを用意してあげましょうね。

 

2. 次に末端製造。今作っているものが何に使われるかもわからず、黙々と機械のように製造するのはつらいです。

世の中のどんな役に立っているのか、教えてあげてください。

 

3. あとは営業や設計職の人。の中でも製品を作れない、作り方を知らない人。

作り方を知らずに図面だけ引く、お金だけもらいに行く人はなかなかやりがいを感じづらいです。

これはどう作っている。ボルトの一本一本、ワッシャー一枚一枚に理由があることを知っていけば、どんどんつきつめる面白さがものづくりにはあります。

 

 

ものづくりは楽しい!を知るためにも、まずは実際の作り方を学ぶことが非常に大切です。

弊社では設計でも営業でも、女の子でも男の子でも、入社したらまずは工場で製造を学びます。

 

 

ものづくりの職に就いた全ての子たちが、ものづくりの楽しさに気づけますように。

2021年05月12日