入社式2021

4月1日、通勤の車から見える景色は初々しい新入社員たちの緊張と期待が入り混じった堅苦しい面持ちが印象的です。

4月7日、こちらは学校の入学式の日。新入生の学生さんは期待60%、楽しみ40%の、スーパーポジティブな面持ちでの通学が目に映ります。

 

そんな中、先日我が社でも入社式が行われました。

 

コロナ禍で明るい話題が少ない近頃ですが、3人もの新入社員が入ってきてくれるというビッグニュース!

 

この間TVで達川が今年のカープのドラ1の栗林君を評価して、「玉を抱いて磨かざるは罪なり」と言ってました。

このことわざは本来「玉磨かざれば光なし」と言って、才能ある人でも努力しないと光れないよ!みたいな意味のものなのですが、

才能ある人が入ってきてくれて、首脳陣に向けて「しっかり育てなさいよ。」というエールを込めての言葉でした。

 

これはいい言葉ですね。本人たちに委ねるのではなく、教える側にこそ責任があるという考え方です。

我々も先輩としてしっかり光ってくれるように丁寧に磨いていこうと思います。

 

 

 

そして本人たちも、物怖じせずにどんどん挑戦していってほしいと願っています。

2021年04月07日