紙を折る

紙を折ることができる回数って決まっているんです。

というか、限界があると言われています。

 

ギネス記録ではトイレットペーパーを一方向に折っていって、12回という記録があります。

しかし普通にコピー用紙なんかを折る時は、縦折り、横折り、縦折り…と折っていくと思います。

このおり方でいくと、せいぜい7,8回が限界かなと思います。

 

そもそも折れないというのもありますが、理論上の話をすると、コピー用紙を26回折ると富士山の高さを超えます。

 

薄いコピー用紙を26回折るだけで?

ちょっと意味が分かりません。

コピー用紙って500枚入りとかで売ってるけど全然そんなに高くないじゃないか!!

なんて言わないで、これは折った時の話で、重ねたときの話ではありません。

 

1枚を1回折ると2枚分

   2回折ると4枚分

   3回折ると8枚分

     ・

     ・

     ・

というように、n回折ると2^n枚分の高さになっていきます。

 

コピー用紙の厚さは0.09mm(=0.00009m)なので、以下の式のnに折りたい回数を入れたら、何mの高さになるかがわかります。

 

 

nに25を入れると3020m

nに26を入れると6040m

ということで、富士山の3776mを超えました。

 

 

逆にxmまで届くには何回折ればいい。という計算がしたい場合はどうすればよいでしょうか。

中学数学ですね。指数対数のお話です。

 

この式をn=の形に直したいので、対数関数logを使います。

 

 

この式を使って、例えば月までの距離384,400kmをm単位に直してxに入れると、

n=41.96

になるので、42回折れば月まで届くことがわかります。

 

 

 

紙を折って宇宙へいこうプロジェクト、ロマンですねえ。

ま、実際には7回しか折れないんですけどね。

2021年03月10日