節分

今年の節分は2月2日です。

なんと、節分が2月2日になるのは124年ぶりになります。

 

ちなみに来年はまた2月3日に戻って、2025年には再び2月2日が節分で、そこからは4年に一度2月2日が節分になります。

2057年と2058年は2年連続2月2日が節分になるなど、時間が経つにつれて徐々に2月2日に変わっていくようです。

 

 

節分は鬼が来る日じゃないですよ?

二十四節気では立春(今年は2月3日)が新年の始まりで節分は大晦日のような日です。

邪鬼を払って新年をお迎えしましょう。という風習で、皆さんご存知の節分の行事が行われているんですね。

わざわざ節分の日を選んで鬼がきてくれるわけではなく、一年間の邪鬼を払って清々しい気持ちで新年を迎えましょうということです。

 

ところで、二十四節気は1年を24等分し、約15日ごとの節気にわけたものです。

春分とか夏至とかもこの概念です。

これは農業をするうえでも役に立つような暦で太陽の動きを元に作られています。

二十四節気を見ていると清明や穀雨など素敵な言葉が並んでいて、豊かな自然を感じることができる気がします。

日本人は農耕民族ですからね。

豊かな自然と共存していく上で素敵な指標だと感じました。

2021年01月27日