脱臭について

弊社は燃焼脱臭の中でも直接燃焼方式で高濃度の小~中風量の脱臭を得意とし、胡麻の焙煎臭気や畜糞の乾燥臭気等、様々な臭気に対応可能。

 

・どうしても除去したい臭いがある。

・除去したいが臭いが強くて簡単には消せない。

高濃度臭気の脱臭を得意とする弊社に是非一度ご相談ください。

 

 

低濃度臭気等は、脱臭に様々な種類がありますのでご参考に。


・燃焼脱臭

臭気成分を高温で酸化分解処理する方法。直接燃焼方式、蓄熱式燃焼法、触媒燃焼法などがある。
メリット :ほとんどの臭気に適用でき、高濃度の臭気を得意とする
デメリット:低濃度で風量の大きな臭気には維持費・建設費の面から現実的ではない


・洗浄脱臭

水または薬液で臭気を洗い落とす方法
メリット :高温ガスにも対応可能
デメリット:油を含んだ排水の発生や水への溶解度が低いものは脱臭しきれない


・吸着脱臭

臭気を活性炭や電極などと接触させて除去する方法。

メリット :臭いの強さが変化しても対応できる
      装置が単純で操作が容易

デメリット:吸着材の取り換えが頻繁に必要
      設置スペースが必要


・生物脱臭

発生した臭気を微生物の分解作用で脱臭する方法。
メリット :脱臭に関しては動力をほとんど必要としない
デメリット:微生物を生かし続ける環境維持が必要


・オゾン脱臭

オゾンによる酸化作用で脱臭する方法。酸化作用に弱い臭気成分に効果があり、硫化物系成分の分解が得意。
メリット :ランニングコストが比較的安い
デメリット:オゾンのまま濃度が上がってしまうと(0.1ppm以下)人体に悪影響を与える可能性があるので、濃度管理が必須。


・プラズマ脱臭

高電圧放電などによりプラズマを発生させ、活性分子、オゾンなどを生成し酸化分解する方法。
メリット :プラズマ放電で生成するので薬品や燃料が不要
デメリット:電気消費量器量が大きい、放電部は高額、引火性ガスの脱臭は不可能

 


・消臭・脱臭剤

消臭剤:制汗スプレー等
脱臭剤:脱臭ろ紙等

ドラッグストアやホームセンターに売っている物。

消臭剤は臭気を限定してそれに対応した消臭成分を配合しているので、いくらいい香りだからといって例えばタバコ用をトイレに置いても消臭する物質が違うので消臭効果は見込めない。


 

2018年05月16日