WBGT

8月最終週です。

四季を月に割り振ると6~8月が夏ということで、平成最後の夏が間もなく終わろうとしています。

確かに涼しくなってきた気が。

いや、涼しくはなってないですが暑くはなくなった気がしてきました。

 

そんな思いで、工場についている温度計を確認してみると。

「33.1℃」

 

完全に真夏日でした。

 

まだまだ暑いです。気のせいでした。

 

 

実は環境省が発表している「熱中症予防強化月間」なるものがありまして、

従来は7月1~31日が指定されているのですが、2018年は7月中旬以降、晴れて気温のかなり高い日が続いており、今後も気温の高い状態は続く見込みということで、

この強化月間が8月31日まで引き伸ばされるという異例の措置が取られているほどです。

 

 

環境省のサイトには、気温だけではなく、WBGTという暑さ指数が表示されています。

これは熱中症を予防することを目的としていて、人体の熱収支に関係の深い、

1. 湿度

2. 輻射など、周辺の熱環境

3. 気温

の3つの指標を取り入れたものになっております。

これによりますと、気温が高いときはもちろんですが、気温がある程度下がってからも、(朝/夜等も)熱中症の危険性はあるとのことです。

危険さを知って、しっかり対策できるようにしましょう。

 

環境省 熱中症予防サイト

 

 

被災地の復旧作業等、猛暑の中に身をさらす機会がまだまだ多いかと思いますが、熱中症にはくれぐれも注意してください!

2018年08月28日