社章📷

先日、大規模な懇親会にお呼びいただく機会がありました。

私などは、参加者のほぼ全員と初対面ですので、目に見える人全員と御名刺交換させていただく勢いでご挨拶させていただいておりましたが、

うちの会長なんかになってくると、逆にほぼ全員と知り合いのようで、外国人のようなフランクさで会う人会う人と会話を交わしておりました。

 

 

それを横目に見ながらご挨拶回りをしていると、思わずホテルの人にも御名刺を渡しそうになる始末です。

 

 

ただ、言い訳させていただけるのであれば、参加者全員がきっちりとした格好でホテルマンに負けないほどの背筋の伸びようで、一見わかりづらいところがあるのです…

 

しかし、そういった場では大抵胸元を見れば一目瞭然。

そう、社章を目印にしていけばそんな間違いは起こしません!

(そんな偉そうに言うことでもないですが…)

 

普通にしていると目立たないくらいさりげないものですが、たくさんの企業の方が集まる場面でこそ、威力を発揮します。

 

あるときは社を背負っている自覚を持つため

あるときは身分証明のため

またあるときは会社のイメージアピールのため

 

胸元の小さな社章は、さりげなく自社の誇りを主張しているのです。

 

 

さて、弊社にも社章があります。

 

作業着や夏服時には着用しておりませんが、背広を着るときには胸元に必ず着用しております。

 

 

デザインはこんな感じです。

 

この社章、"研ぎエポ"という手法で作られたもので、細部まできれいな色が出るのが特徴だそうです。

テーマパークなどの、キャラクターのピンバッジ等もこの手法で作られているようです。

 

 

デザインの主役の濱の字、弊社事務所に掲げてある社旗と同デザイン、またカタログにもこの字を基にしたロゴがついています。

 

 

機械を動かす核となる歯車。

機械の最も重要な部分である歯車のように、お客様から最も必要とされる存在になれるよう、これからも成長し続けていきたいと、このデザインを取り入れました。

 

社章に恥じないよう誠心誠意尽くしてまいりますので、これからも変わらぬご愛顧よろしくお願い致します。

 

2018年07月05日