だから違うってば

うるう年。

 

いや、今年は違いますよ?

 

夏季オリンピックの年、4年に一度ある、うるう年。

 

はい、間違いではないですが、それではやや足りません。

 

うるう年には3つのルールがあります。

 

 

ルール

その1:西暦が4の倍数の年がうるう年

その2:100の倍数のときは例外でうるう年でない

その3:400の倍数のときは例外の例外でうるう年である

 

 

ほ、ほう。。。

なんだかわかったようでわかってないようなので、例を出してみます。

その1に則って、2020年はうるう年
(夏季、東京オリンピックの年ですね!)

その2に則って、1900年はうるう年ではない!
(第2回パリオリンピックが開催された年なのに!)

その3に則って、2000年はうるう年

(夏季、シドニーオリンピックの年ですね!)

 

 

このように、私の頭は今オリンピックでいっぱいです。

 

 

ゴホン。

このように、必ずしもうるう年は4年に一度ではないようです。

2000年が例外中の例外だったなんで知りませんでした。

だって一周まわって、結局普通に4年に1回うるう年があったんですもの。

 

 

 

では、このうるう年はなぜ必要なのか。

太陽の周りを地球が1周する時間を1年としたとき、

実際には地球は太陽の周りを365.2422日で回るそうですが、皆さんご存知、1年は通常365日と定めています。

このギャップを埋めるためには、400年に97回、うるう年がなくてはなりません。

このため、あのような3つのルールが設けられているようです。

 

計算式

うるう年の割合をxと置くと、
1年の平均日数は
365(1-x)+366x=365.2422
x=0.2422
 ≒97/400
うるう年の割合は400年に97回となる。

 

 

ここまで一生懸命話してきましたが、もう一度言います。

今年はうるう年ではありません。

 

2018年02月27日