残暑

残暑お見舞い申し上げます

暦の上では秋とはいえ なお暑い日が続いておりますが 皆さまお元気でいらっしゃいますでしょうか

~中略~

貴殿のご健康を心よりお祈りいたしております。

 

 

みたいな、残暑見舞いやら暑中見舞いやら。

これ、何が違うのか気になって調べてみたんですが、違わないらしいです。。。

 

え?

 

いや、まあ、名前の通り、暑い中、つまり7月~8月頭くらいまでに送るのが暑中見舞いで

暑さが残っている、つまり8月末頃に送るのが残暑見舞いではあるのですが

本当に時期だけみたいです。

暑中見舞いが届いて、返信する際に時期をずらして残暑見舞いとして…

みたいなことはあったりするのですが、そもそも来てから返信というのがあまりよろしくないのだとか。

 

 

暑中・残暑見舞いというのは、お世話になった方の健康・安否のお伺い、無沙汰のお詫び、自身の近況を伝えるものですので、来てから初めて思い出すようでは失礼ですね。

 

というか、無沙汰のお詫びということは、しょっちゅうお会いしていれば送らなくてもよいということ。

本当なら会いに行くべきところをなかなか叶わないので、せめて書面でご挨拶させてください。

というもの。

 

で、これが夏・正月・冬と、年間3回ほどあります。

 

あれ、夏は暑中見舞いと残暑見舞いあるけど、冬は寒中見舞いだけ?

過ぎた頃に送るやつってないの?

と思い、調べてみるとありました。

「余寒見舞い」というみたいですね。

冬の方は、1月から2月頭にかけてが 寒中見舞い

2月末頃に送るのが余寒見舞いだそうです。

 

まあ、残暑見舞いはお盆の時期に書いて送る人も多いのでよく見るのかもしれませんが、冬は大抵年賀状と一緒に作っちゃう人が多いのかもしれませんね。

それで出すのが遅れることが少ないため、余寒見舞いはあまり見ないのかもしれません。

 

 

夏に送るもので、暑中・残暑見舞いの他にもう一つ、お中元というものもあります。

これは、健康・安否のお伺いではなく、日頃の感謝を込めて贈る物です。

目的が違うので、お中元と暑中見舞いを兼ねるのは失礼とされています。

が!

気を使って送ったものに対してさらに気を使わないと失礼という風習ってなんというか、とても日本らしいですよね笑

 

どちらかだけでも送ってきてくれたら「おっ、気にしてくれてるのか。今度電話でもしとこうかな。」となるんじゃないでしょうか。

 

というか、昔は出向かないと会えなかったですが、今はメールや電話、

親や兄弟、親戚のような近しい中ならSNSやテレビ電話なども手軽にできる時代になったので、

お中元や暑中見舞いに頼らずに、ご無沙汰しないように頻繁に連絡してもいいのではないでしょうか。

(現に、そのせいでお中元文化が消えつつあるのだとか。。。)

 

と、贈り物好きの日本文化に持論を、一石を、投じたところで今日はここまで!

 

 

 

 

 

―残暑お見舞い申し上げます

いつも読んでくださりありがとうございます。

まだまだ暑さの残る中、元気にお過ごしでしょうか?

読者の皆様のご健康を心より祈りつつ、

願わくば健康な読者様が今後もこのブログを見に来てくださることを切に願っております。

では、また次回。

2020年09月02日