○○の秋

朝起きて肌寒かったり、いつの間にか半袖を着なくなったり、でも日中は少し動いたら暑かったり、秋を肌で感じられる秋になってきました。

 

山が真っ赤に染まるのはもう少しだけ先かな?

 

さて、タイトルにもあります○○の秋。

芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋...

 

一応それぞれ秋がちょうどいいという理由があるみたいです。

 

芸術 の 秋:秋は景色もきれいで絵が描きたくなる。

       日本を代表する展覧会も秋に多く開催される。

スポーツの秋:寒すぎず暑すぎず、運動しやすい気候。

       1964年東京オリンピックが10月に開催された。

読書 の 秋:夏に比べ夜が長くなり、ゆったりとした時間が増える。

       涼しい気温と明かりが良くなじむ秋の夜長は読書に最適。

食欲 の 秋:米など秋に収穫するものがそもそも多い。

       夏バテから涼しくなって回復して食欲も戻ってくる。

 

一応こんな感じで○○の秋の理由を並べてみました。

スポーツの秋のオリンピックはまだわかりますが、なんだか無理やりのような気もします。

それ、春でもいいじゃん。とか、理由の所を見ていると思ったりもしますが、でも秋になると、芸術に触れたくなったり、軽くランニングしようかなと思ったり、本を読みたくなったり、いろんな秋が旬の食べ物に目を奪われたりするのも事実です。

 

いろいろ言われてはいますが、夏のパーっと明るい雰囲気から一気に落ち着いた秋になることで、エモーショナルでセンチメンタルな気分になることで、丁寧に生きようとする季節なのではないでしょうか。

2019年10月23日